左歯の痛みから、頚部痛、胸痛へと進展あり。

発熱あり、WBC/CRP高値。

頸部造影CTでは、咽頭ー喉頭周囲に本来認めない液貯留およびガス像を認めています。

胸部では、心臓の周りに辺縁に造影効果を有する液貯留を認めています。

縦隔の膿瘍を疑う所見です。

また右胸水を認めています。

矢状断像では、椎体前に頸部から胸部へ連続する縦方向の液貯留を認めています。

また、その前側には咽頭から喉頭にガス像を認めており、その下には縦隔膿瘍を疑う液貯留を認めています。

左歯の痛みから、頚部痛、胸痛へと進展があることからも、う歯からの炎症が頸部に広がり、

  • 咽頭後間隙→危険間隙と呼ばれる間隙に感染の広がり、膿瘍が形成された

ことが推定されます。

簡単にいうと、う歯→頸部→胸部(縦隔)へと炎症が広がり膿瘍が形成されたということです。

このように頸部から胸部(縦隔)へ炎症が波及することがあるので注意が必要です。

治療は、抗生物質、(可能ならば)ドレナージが基本となります。

従って正解はa,bとなります。

咽後膿瘍とは?

咽頭後間隙・危険間隙に膿瘍が形成された状態を咽後膿瘍(読み方は「いんごのうよう」)と呼ぶ。

咽頭後間隙は頭尾方向に広く分布しているため、縦隔レベルに進展して縦隔炎を起こすことがあり、その場合、重篤化する。

成人の咽後膿瘍の原因

  • 外傷
  • 異物
  • 口腔内感染

が多い。

参考文献:画像診断に絶対強くなるワンポイントレッスン2 P163