64 歳の女性。乳がん検診のマンモグラフィで異常を指摘され来院した。左乳房 に長径約cm の腫瘤を触知する。腫瘤は境界不明瞭で硬く圧痛を認めない。乳頭 からの分泌物を認めない。マンモグラムを示す。 次に行うべき検査はどれか。2つ選べ。
a 血管造影
b 乳管造影
c 経皮的針生検
d 乳房超音波検査
e 骨シンチグラフィ

左乳腺に境界明瞭、辺縁棘状でスピクラを伴う結節を認めています。

カテゴリー5で、精査が必要となります。

  • c 経皮的針生検
  • d 乳房超音波検査

が行われます。

a 血管造影→関係ありません。
e 骨シンチグラフィ→経皮的針生検で乳癌の確定診断に至ったあとの術前検査として、骨転移の有無を調べるために行われます。

従って正解は、c,dとなります。

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。