54 歳の女性。 時間前から心窩部痛を自覚したため救急外来を受診した。意識は清明。体温 38.5 ℃。脈拍 80/分、整。血圧 154/94 mmHg。腹部は平坦で、右季肋部に圧痛を認める。血液所見:赤血球 433 万、Hb 14.0 g/dL、Ht 42 %、白血球 12,400、血小板 17 万。血液生化学所見:アルブミン 4.5 g/dL、AST 24 U/L、 ALT 18 U/L、LD 161 U/L (基準 176〜353)、ALP 350 U/L(基準 115〜359)、 γ-GTP 94 U/L(基準 〜50)、尿素窒素 21 mg/dL、クレアチニン0.7 mg/dL。 CRP 13 mg/dL。腹部造影CTを別に示す。 この患者に対する処置として適切なのはどれか。2つ選べ。

a 結腸切除術
b 胆囊摘出術
cイレウス管留置
d 経皮経肝胆囊ドレナージ術
e 内視鏡的乳頭括約筋切開術

発熱、心窩部痛、CRP上昇、胆道系酵素上昇あり。

造影CTで、胆石および胆嚢の壁肥厚および腫大を認めています。
また胆嚢周囲脂肪織濃度上昇を認めており、炎症の波及が疑われます。

急性胆嚢炎を疑う所見です。

治療法は、

  • b 胆囊摘出術
  • d 経皮経肝胆囊ドレナージ術

となります。

正解は、b,dとなります。

経皮経肝胆囊ドレナージ術とは?

経皮経肝胆囊ドレナージ術は英語で、Percutaneous Transhepatic GallBladder Drainageといわれ、

  • PTGBD

と略されます。

その意味は、皮膚を刺して、肝臓を刺して、胆嚢に到達して胆汁を排液するということです。

イラストで表すと以下のようになります。

PTGBDについては詳しくはこちらの動画でまとめましたので、チェックしてみてください。